« 2011年02月 | メイン | 2012年09月 »

2012年08月16日

コピーしてカウント!

コピー操作だけで文字数をカウント

コピーしてカウント! Ver 0.50 2012/08/16  ダウンロード


概要

字数制限がある文章を作成する時など、文字数を調べたい場合があります。
方法はいろいろありますが、いずれも何らかのソフトの起動し、画面操作が必要になります。
ワードの場合は、起動→文章入力(貼り付け)→[ツール]→[文字数カウント]
と、結構面倒なものです。

本ツールは、クリップボードを利用して、文章を
コピーするだけで文字数を表示します。
また、単なる文字数だけでなく、改行やスペース、全半角文字数、タブ、
そして、
指定した文字列の個数もカウントできます。
表示イメージ
通常表示 タスクトレイ収納時(ポップアップ)


変更履歴


用途

文字数を調べたい時に利用して下さい。

文字列を選択/コピーするだけで文字数をカウントしますので、
メモ帳、ワード、エクセルなど、ほとんどのエディタ上でも使用できます。
もちろん、通常の文書やウェブページ上でも!

   例:メモ帳他テキストエディター上
     Word Excel等Office系ソフト上
   WEBサイトやブログなどの投稿窓 

ただし、選択できないと使用できませんが、その場合は、
ポイント位置の文字列取得」を御使用ください。
少し機能は落ちますが、選択できない文字もカウントします。



機能

選択&コピーと同時に文字数を表示

 ・ポップアップ表示項目

   字数  :総文字数
   
改行  :改行数 改行コード=CrLf
   
byte  :Shift-JISコードでの総バイト数
   
全角  :全角文字数
   
全SP  :全角スペース
   
半SP  :半角スペース
   
タブ  :タブ
   
指定文字:特定の文字列が現われる回数を数えてポップアップ表示。
          
あいまい検索指定可(大小文字/全半角の区別無し)
          例:wWwW は全て同じとみなす

    
(nn):括弧内の数値は改行/スペース/タブを除いた文字数

 ・有効場面:クリップボード機能が有効なところはどこでもOK。



タスクトレイ収納時

  文字数情報はポップアップウィンドウに表示される
  設定した秒数後,ポップアップは自動で消える。

投稿者 mt-soft : 09:00 | コメント (6)

前面起動

最前面ウィンドウに設定・起動

前面起動  Ver 1.31 2012/08/16  ダウンロード

【概要】

同じ画面上で資料を見ながら入力する場合、入力したいウィンドウに切り替えた瞬間、参照していたウィンドウが背後に隠れてイライラすることはありませんか?本ツールは、ウィンドウのZオーダーを変更することにより、常に最前面に表示します。


【機能】

■前面起動
 ・アプリケーション、またはそれに関連付けられたファイルを最前面ウィンドウとして起動

■最前面に設定
 ・表示中のウィンドウをクリックするだけで、最前面に変更または解除


【セットアップ方法】

特に無し。解凍場所も任意のフォルダで可


【アンインストール方法】

特に無し。フォルダごと削除して下さい。



【操作方法】

 前面起動
   本ツールのアイコンの上に起動したいファイルを「ドラッグ&ドロップ」します。
      複数ファイル可。最前面ウィンドウとして起動されます。
 最前面に設定
   設定:本ツールを起動します。画面上の「設定」をクリック(マウスポインタが変わる)後、
      最前面にしたいウィンドウをクリック(マウスポインタが元に戻る)すると最前面ウィンドウに
      設定されます。
   解除:解除したい時は、「解除」をクリック後に該当ウィンドウをクリックします。


【動作条件】

Windows2000,WindowsXPhome にて確認

前面起動の詳細

前面起動のダウンロード


ご質問など


変更履歴

1.31  2012/08/16
 変更 配布形式 lzh→zip
    メールアドレス

1.20 2008/01/13
   フックを使用しない方法に変更
1.01 2008/01/10
   カーソルイメージ取込
   レイアウト変更
1.00 2008/01/09
   初版

投稿者 mt-soft : 09:00 | コメント (0)

ポイント位置の画像取得

簡単操作で画面上の画像を取り込む

ポイント位置の画像取得  Ver 1.41 2012/08/16  ダウンロード

 ウィンドウに表示される画像を再利用することがよくあります。本ツールは、簡単な操作で、ウィンドウに表示されている画像の一部を自動的に取り込み一覧表示します。後は、Webページや手順書作成などに簡単に利用でき、何かと便利なツールです。

特徴

ポイントしてキーを押すだけで画像を自動取り込み
    (ウィンドウの隠れた部分も取得)
・簡単操作で範囲指定の取り込み
マウスカーソルツールチップの取得選択
HTMLドキュメント対応
  IE,Lunaspace:完全対応
  Firefox,Opera:一部未対応
・取り込み画像の一覧表示(リスト化)
インストール不要で、解凍後にすぐ利用可

【機能】

・画像取り込み

 ・ポイント位置の自動画像取り込みCtrl+Cキーで取込み)
 ・範囲指定での取り込み(Shift+マウスで選択、Ctrl+Cで取込み)
 ・
マウスカーソルツールチップの取込み選択
 ・
PrintScreenAlt+PrintScreenでの取り込み
 ・HTMLドキュメント(ポイントタグを画像として自動取込み)
 ・HTML内の
IMGタグ画像のダウンロード
 なお、取り込んだ画像自体からも
範囲指定で取り込める。

・画像一覧

 ・サムネイル表示
 ・ポイントで実寸画像を表示
 ・クリップボード経由で他のソフトにコピー
 ・ドラッグ&ドロップで他のソフトにコピー
 ・削除

・保存
 ・個別/一括保存
 ・BMP/JPG/GIF/PNGの各形式で保存




【動作条件】

 Windows98 , Me , 2000、XP、Vista

   98,Meでは「VB6ランタイム」が必要(2000以上は不要)





ポイント位置の画像取得の詳細

ポイント位置の画像取得のダウンロード

変更履歴

投稿者 mt-soft : 09:00 | コメント (0)

検索ダウンロード

指定したURLパターンを検索して一括ダウンロード

検索ダウンロード Ver 0.08 2012/08/16 ダウンロード

 ウェブサイト上に公開されているファイル(音声/画像/ドキュメント等)を 一括してダウンロードしたい場合があります。
 また、日々更新されるニュース等の音声ファイルを、毎日、ダウンロードして ポータブルプレーヤーで聞きたい場合もあります。

 本ツールは、ダウンロードするファイル形式(URL)を予め指定しておくことで、 毎日、自動的に一括ダウンロードします。
 手動でも個別に操作できますが、スタートアップやタスクに登録しておくと、 一切の手動操作が不要となり、全自動で一括ダウンロードが可能となります。


 個人的な使用の目的で作成したものですが、一般的にも使用できそうなので公開しました。


変更履歴




検索ダウンロードの詳細


変更履歴

投稿者 mt-soft : 09:00 | コメント (3)